立春(2月4日頃)を過ぎて、寒さが続いている時期に相手の健康を気遣ったり、近況報告をする季節の挨拶状です。
最近では、喪中で年賀を欠礼したこと、訃報が行き届かなかったことへのお詫びを記すもの、喪中の相手を気遣うお見舞いなど幅広い用途で使われています。

 

寒中見舞い・余寒見舞い共に、寒い時期に相手の健康を気遣ったり、お互いの近況報告をする季節の挨拶状ですが、立春(2月4日頃)を境に寒中見舞いを送るか余寒見舞いを送るかが異なってきます。

【季節のお手紙として使う】
○余寒中に相手の健康を気遣う季節の挨拶状として

【立春を過ぎたら使う】
○年賀状をいただき、立春までに返礼を送れなかった場合の年始の挨拶状
○寒中見舞いをいただいた方への返礼を余寒見舞いで送る

【喪中の方あてに使う】
○喪中と知らずに年賀状を出してしまった場合のお悔やみとお詫びを兼ねて送る

【喪中の方が使う】
○喪中と知らず年賀状をくださった方へ、喪中の報告とお詫びを兼ねて送る

 

余寒見舞いなどのご挨拶状では、特に下記のような言葉を避けるようにしましょう。

弱る、衰える、終わる、消える、枯れる、落ちる、苦しむ、折れる、滅ぶ、
途絶える、悲しむ、嘆く

上記以外でも、先方の気持ちを不快にさせないような言葉を選び、受け取る相手を気遣う文面を心がけましょう。